医療機関で脱毛を行うと、施術後に塗り薬を渡されることがあるかもしれません。この脱毛後の塗り薬は、施術後の炎症を抑えるために必要な薬なので、必ず指示に従って塗布するようにしなければなりません。ただし、渡される塗り薬がどういう性質を持っているのかについては、しっかり確認しておかなければなりません。

なぜなら、塗り薬の中にはステロイド剤が含まれていることもあり、このステロイド剤の使用にはリスクが伴うからです。どんなリスクかといえば、肌の免疫力を低下させて、細菌感染しやすくさせてしまうというリスクです。もっとも、ステロイド剤にはメリットもあって、優れた抗炎症作用を発揮することは長所なのですが、リスクの部分についても知っておく必要があります。

では、どうすればいいでしょうか?なるべく良心的な脱毛サロン・医療機関で脱毛を行うようにしてください。そういうところなら、必ず非ステロイドの抗炎症薬を処方してくれるので安心することができます。またそうでなければ、前もってこちらから非ステロイドの抗炎症薬を渡してくれるようにお願いしておくのもいいでしょう。ただしその場合は、本人にも薬に関して一定の知識を持っておく必要があるので、前もって調べて勉強しておくようにしましょう。